メニュー 閉じる

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、食べすぎや運動不足によって内臓脂肪型の肥満になり、糖尿病や動脈硬化にかかりやすい恐れがある状態のこと。

メタボリックシンドロームとは、肥満状態の人が特別なるというわけでもなく、見た目が肥満ではない、普通に見えても、実は内臓に脂肪がたまっているメタボリックシンドロームになっているという方もいます。

メタボリックシンドロームを防ぐには、食事のバランスを考えること、ほどよく運動することなどがあげられています。

ちなみに、動脈硬化とは、血管が固まる病気のことをいい、動脈硬化にかかっても、一般的にはほとんど自覚症状はないとされています。

血管が固まることによって、心臓病などを発症させたりするといったことにもなります。

メタボリックシンドロームとはとても恐ろしい状態なんですね。

今の生活をきちんと見直し、食べすぎを控える、運動不足を補うなど、少しでもメタボリックシンドロームにかからないように努力することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です