メニュー 閉じる

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は善玉菌の代表とされる菌で、腸の運動を活性化させる、つまりお通じをよくするという働きがあります。

また、お通じを良くする以外に、ふだんおなかを壊しやすい人も腸の調子を整えるビフィズス菌を摂取することにより、おなかを壊しづらくなるという場合もあります。

オリゴ糖は、ビフィズス菌のえさになるとされているので、一般的に、オリゴ糖とビフィズス菌を同時に摂取することが良いとされています。

ビフィズス菌は、老化、ストレス、飲酒などにより減少するので、少しづつでも、摂取をすることが大切かと思われます。

ビフィズス菌が入りのヨーグルトやサプリメントで摂取するのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です