メニュー 閉じる

オリゴ糖の種類

ビートオリゴ糖(ラフィノース)

ビートオリゴ糖(ラフィノース)とは、ビート(砂糖大根)から作られた天然オリゴ糖で、善玉菌であるビフィズス菌の栄養になり、悪玉菌を減少させ、腸の中を健康にし、お通じを良くするといわれています。腸内の環境がよくなることで、便秘も解消され、お肌もきれいになります。甘味はあまりないですが、その分カロリーも低く、さらに、アトピーに良いともいわれています。

ビートオリゴ糖(ラフィノース)は、純度の高い結晶オリゴ糖で、水分を含まないとされており、大腸まで消化されにずとどきます。ビートオリゴ糖(ラフィノース)は熱にも強いとされているため、火を使った料理にも使用することができます。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖とは、とうもろこしやたけのこなどに含まれているされるオリゴ糖で、複数のキシロースにより結合されたオリゴ糖のことです。カロリーは低く、色々な食品に使われているとされ、カルシウムの吸収を手伝う働きがあるともいわれています。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は砂糖をもとに作ったオリゴ糖のことで、たまねぎ、にんにく、ごぼう、バナナなどに少量含まれています。フラクトオリゴ糖は、砂糖から作られていることで、甘さが砂糖に似ていますが、砂糖よりは虫歯になりにくい糖とも言われています。フラクトオリゴ糖もカロリーが低く、腸にとどくまでに消化されにくいため、お腹の調子を整えてくれます。

ニゲロオリゴ糖

ニゲロオリゴ糖とは、お酒やはちみつ、みりん、味噌などに含まれているとされるオリゴ糖で、虫歯を防いだり、免疫能力を高めるともいわれているオリゴ糖です。ニゲロオリゴ糖は、デンプンから作られるオリゴ糖で、料理に利用すると、コクがつくともいわれています。また、ニゲロオリゴ糖は、甘味が砂糖に比べると低くなっており、カロリーも低くなっています。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖とは、乳糖を構成している成分であるガラクトースが複数結合したオリゴ糖で、母乳に多く含まれているとされています。ガラクトオリゴ糖も低カロリーで、甘さも低く、胃で消化されにくいために腸までしっかりと届くオリゴ糖です。ガラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌を増やし腸を整え、ミネラル、たんぱく質を吸収するのを手伝いまず。

イソマルオリゴ糖

デンプンから作られるオリゴ糖で、料理の際に利用することで、うまみやコクを加えることができるともされており、食品を長く保存させるともいわれています。イソマルオリゴ糖は、お酒、大豆、味噌、はちみつ、しょうゆ、などに含まれ、低カロリーとなっています。イソマルオリゴ糖に関しても、オリゴ糖なので、お腹の調子を整えることで、お通じをよくするとされています。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖とは、大豆から作られるオリゴ糖です。大豆オリゴ糖は、もちろん大豆に含まれており、ビフィズス菌を増やし、腸の調子を整えます。低カロリーですが甘味があり、少量で、腸を整えるともいわれています。

乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖とは、乳糖とショ糖をから作られるオリゴ糖のこと。乳果オリゴ糖も同じく、低カロリーで、腸の調子を整え、お通じをよくしてくれます。別名ラクトスクロースとも呼ばれ、オリゴ糖の中で一番甘いオリゴ糖であるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です